ケース別対処法

子供が行方不明になった際に最速で探し出す方法

10歳以下の子供の失踪が全体に占める割合は20%以上だと言われています。

つまり、失踪者が出た場合、5人に1は10歳以下の子供です。

では、この子供が失踪した場合には、一体どのような対応を取るのがよいのでしょうか。

行方不明者の捜索は速やかに「原一探偵事務所」へ!
行方不明者の捜索は初動が重要!対応が遅れるほど発見される確率が低下します。警察は事件性が無い限り積極的には動いてくれません。人探しは探偵が得意としています。まずは無料相談してみませんか?
⇒業界最大手!テレビでおなじみ「原一探偵事務所」
▼24時間無料相談ダイヤル
0120-501-897

子供が失踪した場合、事件性の有無をまず判断する

子供が誘拐事件に巻き込まれた可能性があるなど、事件性が高い子供の失踪の場合、直ちに、警察に捜索願を出す必要があります。

誘拐に巻き込まれた場合などは、一刻も早く子供を誘拐犯から取り戻さなくてはなりません。

事件性の高い失踪の場合、警察も迅速に対応してくれるので、このケースでは、何よりも先に警察に連絡します。

事件性の高い失踪の場合、失踪した子供の家族が下手に人探しを始めると、犯人が焦って誘拐した子供を殺してしまうことがあります。

くれぐれも、注意しなくてはなりません。

子供がいなくなった場合、その家族は、居ても立っても居られない気持ちになるのが普通ですが、そうだとしても、自分で行う人探しは警察の指示があった場合に実施します。

一方、事件性の低い子供の失踪の場合には、警察では積極的に動いてくれません。

なので、
自分でできり方法で人探しを行うか、あるいは、探偵事務所に人探しを依頼します。

この場合でも、直ちに警察に捜索願を出しても構いませんが、警察では迅速に捜査を始めてくれませんから、それと並行して、自分でできる人探し又は探偵事務所への人探しの依頼を行う必要があります。

子供の失踪に事件性があるかないかによって、初動対応が異なってきます。

従って、子供の失踪があった場合には、まず、一番最初に、事件性の有無を判断しなくてはなりません。

事件性がなる場合には、直ちに警察に捜索願を出します。

事件性がない場合には、まず、自分でできる人探しを行い、ケースバイケースで、警察に捜査願を出したり、探偵事務所に依頼したりします。

自分で行う子供の人探しの方法について

事件性の低い人探しの場合、まず、自分でできる人探しの方法を実施します。

事件性の引く人探しの場合でも、失踪直後に警察に捜索願を出すことは一向に差し支えありませんが、警察では迅速な捜査を行ってくれませんから、早期解決を望むのであれば、失踪した子供の家族が、自分でできる人探しを行う必要があります。

誘拐事件に巻き込まれるなど事件性の高い失踪を除いて、子供が失踪する理由として考えられるのは、迷子と家出です。

家出の場合、小さい子供は生活能力がありませんから、家出して隠れる場所も相当に限定されます。

家出できる期間についても、大人の家出よりもはるかに短い期間になります。

子供が失踪した場合に、その子供の家族ができる人探しには、以下のような方法があります。

  • 関係者に連絡を取る
  • 思い当たる場所に行く
  • インターネット掲示板の利用

関係者に連絡を取る

事件性の低い子供の失踪が発生した場合には、まず、関係者(学校の先生、塾の先生、仲の良い友人宅、近所に住む親戚など)に連絡を取ります。

そこに遊びに行っていれば、そこで失踪問題は解決します。

もし仮に、電話をかけた先にいなくても、そこから何かの手掛かりをつかめるケースも結構あります。

子供の行動範囲は狭いので、失踪があった場合の連絡先としては、それほど広範囲に連絡する必要がないので、その意味では、人探しは簡単だと言えます。

なお、関係者に連絡する際には、人探しに人手が必要なのは常なので、所在確認のついでに、人探しへの協力依頼も行っておくとよいでしょう。

思い当たる場所に行く

子供が夜遅くまでゲームセンターやショッピングセンターで遊んでいることもあります。

なので、子供の失踪があった場合、子供が行きそうな場所を徒歩や自動車で訪ねてみると、失踪した子供を発見できるケースがあります。

子供が行きそうな場所をあげると、以下のようになります。

  • 通学路
  • 学校
  • 習い事をしている場所
  • 図書館
  • 最寄り駅
  • カラオケ
  • 漫画・インターネットカフェ
  • ゲームセンター

こういった場所を巡回しているうちに、遊びに夢中になっている子供が見つかるケースがあります。

誘拐に巻き込まれたケースなどを除き、子供の失踪は単純ですから、意外とこういった単純方法で問題が解決するケースが多いです。

インターネット掲示板の利用

現在では、10歳以下の子供でも、インターネットを利用する者の数が相当に増加しています。

そこで、子供が失踪した場合に、インターネットの人探し掲示板に情報の提供を呼びかけると、失踪に関する手掛かりが書き込まれ、そこから失踪問題が解決する場合もあります。

子供の失踪のことを人探し掲示板に掲示した場合、その失踪した子供の友達が書き込みをすることが多くなりますが、子供が掲示板に書き込む場合、悪戯や冷やかしで書き込むことが少ないので、書き込まれた情報は比較的信頼性が高いと言えます。

インターネットに接する機会がほとんどないような年少の子供が失踪した場合は別ですが、
インターネットを使う年代の子供が失踪した場合には、インターネット上の人探し掲示板の活用は、非常に有効な方法となります。

探偵事務所に依頼することも検討する

事件性の低い人探しの場合、失踪の構造が単純なので、失踪した子供の家族が自分でできる方法で人探しで、解決できるケースがほとんどです。

しかし、事件性の低い子供の失踪でも、専門家の力を借りないと解決が難しいケースも稀にあります。

人探しの専門家には、警察と探偵事務所の2つがありますが、警察の方は、事件性の低い人探しではあまりあてになりません。

事件性の低い子供の人捜しで頼りになるのは、探偵事務所の方です。

失踪した子供の家族が一通り、自分でできる人探しを実施しても、行方不明者が見つからない場合は、プロである探偵事務所に依頼した方がよいでしょう。

探偵事務所に人探しを依頼すると、50万円~70万円の費用がかかりますが、それで大切な子供の居場所が見つかるのであれば、その金額は決して高い金額ではありません。

探偵事務所と言えば、なんとなく警察よりも捜査能力が劣るのではないかという感じもしますが、事件性の低い人探しに関しては、探偵事務所は警察と同等以上の能力を有しています。

探偵事務所は全国規模の人探しネットワークも有しており、それを活用すれば、大部分の失踪問題はすぐに解決すると言われています。

自分でできる人探しには限界があり、初動で一通りにそれを実施しても失踪者が見つからない場合には、それ以上、同じ方法を繰り返しても、失踪者が見つかる可能性はそれほど高くはありません。

小さい子供は生活能力がないので、失踪後、早めに保護する必要があります。

なので、初動で発見できない場合には、早めに自分で行う人探しに区切りをつけて、探偵事務所に捜査を依頼した方がよい結果を得やすくなります。

子供の失踪を防ぐ方法

子供が失踪した場合、迅速に子供を発見して保護しなければならないのは、言うまでもありません。

しかし、それは最善の策ではありません。

最善の策は、普段から、子供が失踪しないような対策を実施し、子供が失踪することを未然に防止することです。

子供が失踪することを防ぐ対策としては、以下のようなものがあります。

  • 携帯電話を持たせる
  • 門眼を定める
  • 子供とのコミニケーションをよくとる

携帯電話を持たせる

iPhoneを持っている子供限定の話ですが、iCloudという機能を使えば、iPhoneを持っている子供の現在地に関する情報を把握することができます。

仮に、子供のiPhoneの電源が切れていたとしても、最後に電波の発信があった場所が分かりますから、失踪があった場合、それが非常に重要な人探しの手掛かりになります。

iPhoneでなくても、常に子供に携帯電話を持たせるようにしておけば、子供がいなくなったと思ったとき、子供の携帯電話に電話をかけ、子供の安否を確認することができます。

子供に携帯電話やスマホを持たせると、ゲームやラインに夢中になりすぎて勉強が疎かになるといって、敬遠する親もいますが、子供が失踪した時のことを考えると、子供に携帯電話を持たせた方が安心できます。

門限を定める

例えば「18時には必ず帰宅すること。

遅れる場合には、家に携帯電話を入れること」などといった門限を定めておけば、19時になっても子供が帰宅せず、電話連絡もない場合には、子供に何かあったなと、すぐに察知することができます。

子供の失踪の場合、初動が非常に大切です。

初動が大切であるということは、いち早く失踪があったことに気が付くことも大切なのは言うまでもありません。

門限を設定することで、子供の失踪に気が付きやすくなります。

子供とのコミニケーションをよくとる

誘拐に巻き込まれたなどの事件性の高い失踪は別として、子供の失踪の原因の主なものは、迷子と家出です。

家出の場合、失踪した子供が家族に強い不満を持っていることが多くなります。

従って、子供の失踪を予防するためには、普段から子供とのコミニケーションを密にして、家出の原因となる家族への不満を除去しておく必要があります。

両親が共働きの家庭では、親と子がゆっくり話をする機会はそう多くはありません。

ですが、同居しているわけですから、全く話ができないということはありません。

毎日、5分とか10分とか、非常に短い時間でも大丈夫なので、子供に話しかけて、何に不満を感じていないかどうかを把握する必要があります。

子供の家出は、生活能力の高い大人の家出と異なり、自分の自宅から遠く離れた場所に長期間潜伏するということは滅多にありません。

事件に巻き込まれていないという前提の下では、子供の家出はそれほど深刻でないということができます。

そうだとしても、子供の失踪はないに越したことはないので、普段から親子のコミニケーションを密にしておく必要があります。

失踪人・家出人をいち早く見つけ出したい方へ
近年、警察に提出された「捜索願」が増加しており、行方不明者は78,668人と発表されています。「捜索願」が出されなかった方の数も含めると、その実数は10万人を超えると言われています。

実は警察に捜索願を届けたとしても、事故や事件性が無い限り積極的には動いてくれません。警察はあくまでも事件捜査をする機関であって、人探し機関ではないのです。しかし「事件になってから動く」では、探したい人の立場からすると手遅れです。

「人探し」は探偵事務所が得意としています。原一探偵事務所では事件になる前に、警察より早く人探し調査を行います。

原一探偵事務所は業界最大手の探偵事務所であり、創業から約40年間、7万件以上の解決実績を持っています。資本、調査員の数・質、相談員の質と共に探偵業界内で長年トップクラスの探偵事務所です。
  • ご相談・お見積りは無料です
  • 24時間・365日対応しています
  • 行方不明になられた方をお探しする間、相談員が親身になって、心のケア、アドバイスにつとめます

▼24時間無料相談ダイヤル
0120-501-897
詳細はこちら無料相談する