人探しの方法

Facebookで人探しをするポイント

Facebookは、2004年にアメリカの学生向けに開発されたサービスですが、現在では全世界に普及して、日本でも約2,100万人のユーザーがいると言われています。

このFacebookは人探しにも利用できますが、Facebookで人探しをする際には、注意すべきいくつかのポイントがあります。

行方不明者の捜索は速やかに「原一探偵事務所」へ!
行方不明者の捜索は初動が重要!対応が遅れるほど発見される確率が低下します。警察は事件性が無い限り積極的には動いてくれません。人探しは探偵が得意としています。まずは無料相談してみませんか?
⇒業界最大手!テレビでおなじみ「原一探偵事務所」
▼24時間無料相談ダイヤル
0120-501-897

Facebookでの人探しの仕方

Facebookで人探しをする場合、まず、Facebookにログインします。

すると、中央の一番上あたりに検索窓が出てきます。

この検索窓に、探したい人の氏名を入れて検索すると、検索結果が表示されます。

よくある名前だったり、苗字しか分からないという場合には、プルダウンメニューの一番下に中に、「○○の検索結果をもっと見る」という項目がありますから、そこをクリックします。

すると、検索画面の左サイドメニューに「ユーザー」という項目が出てくるので、さらにその項目をクリックします。

すると、ユーザー検索画面が出てきますから、そこで、プルダウンメニューから、探している人が居住していると思われる地域を選択し、さらに検索を行うと、より絞り込まれた検索ができます。

漢字の氏名で見つからない場合には、ローマ字の氏名で検索すると、探している人が出てくる場合があります。

また、探している人のメールアドレスが分かる場合には、メールアドレスで検索を行うこともできます。

Facebook検索の種類について

Facebookで人探しを行う基本は、Facebookの検索画面に、探している人の氏名を入力し、検索をかけてみることです。

それ以外にも、Facebook検索には、以下で述べるようないくつかの種類があります。

Facebookで行う人探しの基本は、氏名での検索ですが、氏名での検索で何もヒットしてこない場合でも、そこであきらめず、以下で述べる様々な方法を試してみるとよいでしょう。

  • メールアドレス検索
  • 条件絞り込み検索
  • ローマ字氏名検索
  • ニックネーム検索
  • 電話帳一括検索

メールアドレス検索

行方不明者のメールアドレスを知っている場合には、メールアドレスでも検索ができます。

Facebookの検索窓に、行方不明者のメールアドレスを入力し、検索ボタンをクリックすれば、もし、行方不明者がFacebookユーザーである場合、その人のページが表示されてきます。

そのページに、その人の住所や電話番号などが表示されていれば、その人に電話や手紙を出すとことが可能になり、もし、Facebookに表示されているその人の住所や電話番号が現在のものと一致している場合には、その人と連絡を取ることが可能になると思いますので、人探しはそれで完結します。

条件絞り込み検索

ありふれた氏名の方を探す場合、氏名で検索すると、同姓同名の方がヒットしてくるとかで、検索がうまくいかないケースがあります。

そのような場合に行うとよいのが、条件絞り込み検索です。

これは、氏名のほかに、その人の出身地や居住地や卒業した高校の名称など、条件を付けて検索を行う方法です。

具体的には、Facebookの検索窓のプルダウンメニューに、条件絞り込み検索を行う設定がありますから、こちらを利用することになります。

氏名での検索では、探している人が見つからない場合でも、条件絞り込み検索を行うと、探している人が見つかる場合が結構あります。

ローマ字氏名検索

漢字の氏名で検索しても、探している人のページが表示されない場合でも、ローマ字の氏名で検索すると、そのページ出てくる場合があります。

漢字の氏名での検索が失敗した場合には、そこであきらめず、ローマ字氏名での検索も行ってみましょう。

ニックネーム検索

インターネットの特徴の1つは、匿名で情報の受発信が行えることです。

そのため、Facebookにおいても、実名でなく匿名性の高いニックネームで登録する方も結構いらっしゃいます。

探している人がFacebookにニックネームで登録している場合には、個人名で検索してもその人の情報は得られません。

探している人が良く使っていたニックネームを知っていて、かつ、Facebookの個人名での検索がうまくいかなかった場合には、ニックネームの検索もトライしてみましょう。

うまく必要な情報が引き出せるかもしれません。

電話帳一括検索

電話帳一括検索とは、自分のスマートホンなどに登録されている電話帳内の連絡先を一気に送信して、その連絡先で検索した結果、ヒットしてくる人を一覧で表示することを言います。

この方法は、行方不明者の人探しに直接役立つわけではありませんが、Facebookにはこういった便利な機能もあるので、こういったものも人探しに活用することができます。

Facebookで検索できない理由とは

Facebookの検索窓を用いた人探しの方法は、非常に優れた方法ですが、一定の場合には、この方法が全く役に立たない場合もあります。

Facebookを使って人探しを行う前に、人探しにおいて、Facebookが全く利用できないケースについて知っておく必要があります。

Facebook検索の対象範囲は、Facebookユーザーに限定されます。

人探しの対象者がFacebookユーザーでない場合には、いくら検索しても、その人の情報はヒットしてきません。

人探しの対象者がFacebookユーザーであるかどうかわからないことも多いと思いますが、パソコンを全く使わないような人を人探しの対象者とする場合には、人探しにFacebookを使わない方がよいでしょう。

行方不明者がFacebookユーザだとしても、その方が、つい最近Facebookに登録したばかりだという場合にも、Facebook検索でその人の情報はヒットしてきません。

このような場合には、しばらく時間が経過した後に、再度Facebook検索を行うと、必要な情報が得られます。

Facebookユーザーの中には、自分の情報を公開できる範囲を友達に限定している方が結構いらっしゃいます。

この場合にも、行方不明者がFacebookユーザーであるとしても、人探しにFacebookを利用できません。

一度、自分の情報を公開できる範囲を友達に限定すると設定された方が、それを変更することは滅多にありませんから、このケースでは、別の人探しを検討することになります。

この他、行方不明者が、検索を行う者からのアクセスに制限を設けているケースもあります。

この場合も、検索者が行う検索に対して、行方不明者の情報はヒットしてきませんから、Facebookを利用した人探しは不可能です。

Facebookでの人探しの注意点について

同じインタ―ネットを活用した人探しでも、Facebookを活用した人探しの方が、掲示板を利用した人探しよりも、悪戯や冷やかしによる情報提供の可能性が低い分、より信頼できる方法ということができます。

しかし、それでも、匿名性の高いインターネットを活用した人探しであることに変わりはないので、探偵事務所が行う人探しなどと比較すると、やはり、偽情報に振り回されるリスクは高いと言えます。

この方法は、行方不明者がFacebookに登録していないと利用できません。

また、仮に登録していたとしても、自分の情報が公開される範囲を友達に限定していたり、行方不明者が探す方からのアクセスに制限をかけているような場合にも利用できません。

日本にはFacebookのユーザーが約2,100万人いると言われていますが、まだまだ、すべての人がFacebookに登録している状態とは程遠いです。

特に、高齢者には、Facebookとは無縁の生活をしている方が多くいらっしゃいます。

こういったFacebookによる人探しの特徴をよく把握したうえで、人探しにFacebookを活用するようにしないと、思ったような成果を上げることはできません。

Facebook検索は無料かつ手軽に行うことができるので、非常に便利なツールですが、それを上手に使いこなすためには、その特徴をよく把握する必要があります。

失踪人・家出人をいち早く見つけ出したい方へ
近年、警察に提出された「捜索願」が増加しており、行方不明者は78,668人と発表されています。「捜索願」が出されなかった方の数も含めると、その実数は10万人を超えると言われています。

実は警察に捜索願を届けたとしても、事故や事件性が無い限り積極的には動いてくれません。警察はあくまでも事件捜査をする機関であって、人探し機関ではないのです。しかし「事件になってから動く」では、探したい人の立場からすると手遅れです。

「人探し」は探偵事務所が得意としています。原一探偵事務所では事件になる前に、警察より早く人探し調査を行います。

原一探偵事務所は業界最大手の探偵事務所であり、創業から約40年間、7万件以上の解決実績を持っています。資本、調査員の数・質、相談員の質と共に探偵業界内で長年トップクラスの探偵事務所です。
  • ご相談・お見積りは無料です
  • 24時間・365日対応しています
  • 行方不明になられた方をお探しする間、相談員が親身になって、心のケア、アドバイスにつとめます

▼24時間無料相談ダイヤル
0120-501-897
詳細はこちら無料相談する