人探しの方法

名前だけを知っている場合に人探しをする方法

名前だけ知っている人の人探しをする機会もあると思います。

名前だけを知っている人を探す方法としては、インターネットの検索エンジンを利用する方法、電話帳を利用する方法、地域の図書館を活用する方法などがあります。

行方不明者の捜索は速やかに「原一探偵事務所」へ!
行方不明者の捜索は初動が重要!対応が遅れるほど発見される確率が低下します。警察は事件性が無い限り積極的には動いてくれません。人探しは探偵が得意としています。まずは無料相談してみませんか?
⇒業界最大手!テレビでおなじみ「原一探偵事務所」
▼24時間無料相談ダイヤル
0120-501-897

ネットの検索エンジンに名前を入力してみる

googleやyahooなどの検索エンジンに、氏名を入力して検索してみると、氏名を入力した方の情報がネット上に公開されれば、その人に関するかなりの情報を取得することができます。

あだ名やハンドルネームが分かれば、対象者の情報がその名前でアップされている場合もあるので、それらも検索してみます。

対象者が、インターネットに一切情報を公開していない場合には、この方法で取得できる対象者の情報は全くありません。

対象者や、対象者の関係者が、インターネットに対象者の情報を公開している場合には、検索することによって、公開されている情報のほとんどすべてがヒットしてくるので、相当な量の情報を引き出すことができます。

mixiなどのコミュニティ・サイトは、googleなどの検索エンジンに反映されないようになっています。

対象者がmixiなどの利用者である場合には、人探しをする者が、mixiなどのコミュニティ・サイトに登録した上で、そのコミュニティ内で氏名の検索を行うことで、人探しに必要な情報を取得することができます。

電話帳で調べてみる

電話帳も、名前だけを知っている場合に人探しに役立ちます。

ただし、電話帳には、固定電話契約者しか記載されないため、調査対象者が、携帯電話のみしか保有していない場合には、電話帳を使った人探しはできません。

また、電話帳は、固定電話契約者(世帯主など)のみの名前で構成されていますから、調査対象者の父親や母親などの名前を知らないと、電話帳を使った人探しができないケースがあります。

電話帳で、名前だけを知っている人の人探しが成功した場合、その人の住所と電話番号が分かります。

調査対象者が、普通に住所地で暮らしている人であれば、住所と電話番号が分かれば、人探しは終わったようなものです。

電話を一本入れれば、本人と連絡を付けることができます。

地域の図書館に出向いて調べる方法

名前だけを知っている人のだいたいの居住地が分かれば、その地域の図書館に出向いて、その地域の過去の電話帳を閲覧して、本人の苗字と同じ苗字をリストアップします。

リストアップした方、1人1人順番に電話を入れていけば、そのうち、調査対象者にぶつかります。

この方法は、調査対象者が珍しい苗字の場合は非常に簡単ですが、高橋、渡辺、佐藤など、人口の多い名字の場合には、非常に手間のかかる方法となります。

失踪人・家出人をいち早く見つけ出したい方へ
近年、警察に提出された「捜索願」が増加しており、行方不明者は78,668人と発表されています。「捜索願」が出されなかった方の数も含めると、その実数は10万人を超えると言われています。

実は警察に捜索願を届けたとしても、事故や事件性が無い限り積極的には動いてくれません。警察はあくまでも事件捜査をする機関であって、人探し機関ではないのです。しかし「事件になってから動く」では、探したい人の立場からすると手遅れです。

「人探し」は探偵事務所が得意としています。原一探偵事務所では事件になる前に、警察より早く人探し調査を行います。

原一探偵事務所は業界最大手の探偵事務所であり、創業から約40年間、7万件以上の解決実績を持っています。資本、調査員の数・質、相談員の質と共に探偵業界内で長年トップクラスの探偵事務所です。
  • ご相談・お見積りは無料です
  • 24時間・365日対応しています
  • 行方不明になられた方をお探しする間、相談員が親身になって、心のケア、アドバイスにつとめます

▼24時間無料相談ダイヤル
0120-501-897
詳細はこちら無料相談する