人探しの方法

新聞に人探し広告を載せる場合の料金・費用

人探しの基本的な方法の1つに、新聞に人探しの公告を掲載する方法があります。

新聞は、非常に多くの方が目にしますから、新聞広告から人探しに関する重要な情報を取得できることも稀ではありません。

しかし、新聞広告は無料で掲載するとことはできません。

では、人探しの公告を新聞に掲載する場合には、一体どのくらいの費用が必要となるのでしょうか。

行方不明者の捜索は速やかに「原一探偵事務所」へ!
行方不明者の捜索は初動が重要!対応が遅れるほど発見される確率が低下します。警察は事件性が無い限り積極的には動いてくれません。人探しは探偵が得意としています。まずは無料相談してみませんか?
⇒業界最大手!テレビでおなじみ「原一探偵事務所」
▼24時間無料相談ダイヤル
0120-501-897

新聞に人探し広告を掲載する場合の費用について

極端な話ですが、全国紙の第一面の題字下に、人探しの広告を載せた場合には、その料金は、1回で150万円ほどかかります。

全国紙の第一面の下に人探し広告を載せると、効果は抜群ですが、1回につき150万円以上の費用がかかることを考えると、現実的な方法とは言えません。

新聞に人探し広告を載せる場合で現実的な方法は、三行広告です。

これは、3cm×1cm
程度のスペースに、必要最小限の文字を掲載するものです。

この方法だと、費用は、全国紙で1回につき8,000円~9,000円、地方紙だと1回につき1,000円程度となります。

三行広告の場合、費用は安いですが、その分、新聞を読む人の目にとまる確率が低くなりますから、ある程度の長期間にわたり、掲載を継続する必要があります。

そのため、やはり、最低でも、数万程度の費用が必要になります。

人探しのチラシを作る場合の費用について

行方不明者の捜索のために、チラシを配って配布するというのも有効な方法です。

捜索のためにチラシを配って配布する場合の必要についてですが、A4版のチラシを業者に依頼して1,000枚作成する場合を仮定すると、デザイン料が2万円~3万円、印刷代が3万円~4万円かかるため、合計で5万円~7万円程度となります。

もちろん、デザインを自分で考えて、印刷だけを業者に依頼する方法もありますし、パソコンのアプリを使える方であれば、デザイも印刷も、すべて自分で行うことができます。

その場合の費用は、アプリ代、コピー用紙代、インク代のみとなりますので、業者に依頼する場合よりも、費用はぐっと安くなります。

作成したチラシを自分で配布する場合には、配布のための費用は掛かりませんが、配布を
人に頼む場合には、アルバイト代を支払う必要があります。

時給を800円~900円程度とすると、チラシ配りのアルバイトを3時間頼むと、1人当たり3,000円程度の費用がかかります。

アルバイトに関しては、ハローワークなどに募集を依頼すると、非常に手間がかかりますから、友人や知人、親戚などに頼むことが普通です。

失踪人・家出人をいち早く見つけ出したい方へ
近年、警察に提出された「捜索願」が増加しており、行方不明者は78,668人と発表されています。「捜索願」が出されなかった方の数も含めると、その実数は10万人を超えると言われています。

実は警察に捜索願を届けたとしても、事故や事件性が無い限り積極的には動いてくれません。警察はあくまでも事件捜査をする機関であって、人探し機関ではないのです。しかし「事件になってから動く」では、探したい人の立場からすると手遅れです。

「人探し」は探偵事務所が得意としています。原一探偵事務所では事件になる前に、警察より早く人探し調査を行います。

原一探偵事務所は業界最大手の探偵事務所であり、創業から約40年間、7万件以上の解決実績を持っています。資本、調査員の数・質、相談員の質と共に探偵業界内で長年トップクラスの探偵事務所です。
  • ご相談・お見積りは無料です
  • 24時間・365日対応しています
  • 行方不明になられた方をお探しする間、相談員が親身になって、心のケア、アドバイスにつとめます

▼24時間無料相談ダイヤル
0120-501-897
詳細はこちら無料相談する