人探しの方法

人探しに利用できるサイトのまとめ

インターネット上のサイトを活用した人探しは、無料かつ手軽に行える非常に有力な人探しの方法です。

事件性のある人探しなど、一部の例外を除き、人探しをする場合には、インターネット上のサイトを活用する方法は、是非、検討してみるべきです。

行方不明者の捜索は速やかに「原一探偵事務所」へ!
行方不明者の捜索は初動が重要!対応が遅れるほど発見される確率が低下します。警察は事件性が無い限り積極的には動いてくれません。人探しは探偵が得意としています。まずは無料相談してみませんか?
⇒業界最大手!テレビでおなじみ「原一探偵事務所」
▼24時間無料相談ダイヤル
0120-501-897

サーチエンジンを活用した人探し

現在では、インターネットが社会の隅々まで普及しています。

従って、人探しにおいても、インターネットは強力な道具になります。

インターネットを活用して人探しを行う方法には、様々なものがありますが、その中で一番手軽に行うことができるのが、サーチエンジンを活用する方法です。

サーチエンジンとしては、Yahoo!やGoogleが有名ですが、そういったサイトに人探しの対象者の氏名を入力し、検索ボタンをクリックすれば、インタ―ネット上にその人に関する情報が公開されていれば、その人に関する情報が画面上に表示されます。

人探し対象者が、インタ―ネットに自分のブログやプロフィールなどを公開している場合には、サーチエンジンを活用すれば、その人に関してかなりの情報を集めることができます。

その中から、人探しに参考となる情報が含まれていることは確実です。

サーチエンジンを活用する方法は、Yahoo!やGoogleなどの検索サイトに人探し対象者の氏名を入力するだけですから、非常に簡単で費用も掛かりません。

また、掲示板とは異なり、悪戯や冷やかしでニセの情報を書き込んでくるものがいないので、サーチエンジンで得られる情報は、比較的信頼性の高いものです。

人探し対象者が、インターネット上で自分の情報を公開していない場合には、サーチエンジンで検索を行っても、情報はヒットしてこないので、この方法は利用できませんが、人探し対象者が、ネット上に自分の情報を公開している場合には、サーチエンジンで検索する方法は、人探しのはじめの一歩になります。

人探しができるサイトの特徴とは

インタ―ネット上には、人探しサイトというものがあります。

これは、人探しのために設けられたサイトで、こういったものも人探しに活用できます。

人探しサイトの多くは、掲示板形式を採用しています。

掲示板形式とは、インターネット上の掲示板に、人探し対象者の個人情報を掲示して、掲示板の閲覧者の中に、その人に関して何か知っている人がいる場合には、その知っていることを書き込んでもらうシステムです。

人探しサイトには、以下のようなものがあります。

  • 人探し(尋ね人)掲示板
  • 人探し相談サイト
  • 人探し専門調査サイト
  • 行方不明者のリスト
  • 失踪した人に関する情報提供のお願い

掲示板サイトを活用した人探しの方法について

掲示板サイトを活用して人探しを行うには、人探しに関する以下のような文章を掲示板に掲載します。

「【人を探しています】私が高校1年生と時、両親が離婚し、それから1度も会えていない母親を探しています。

私は東京都〇〇区の出身で、母は〇〇県の出身です。

名前は〇〇〇○で、現在の年齢は生きていれば60歳くらいになります。

身長は150㎝くらいで、メガネをかけています」

サイトを閲覧した人が、例えば「〇〇〇〇という名前の60歳くらいの女性を、○○県の○○市○○のスーパーで見かけた」とか「自分がいま働いている会社に〇〇〇〇という名の60歳くらいの女性がいる」などという書き込みを、してきたとします。

すると、その書き込みされた情報が、人探しの重要な手掛かりになります。

掲示板サイトを活用した人探しの注意点としては、個人が運営する人探しサイトでは、管理作業がおろそかになり、不適切な書き込みや、既に解決された人探しに関する掲示が削除されないまま、サイト上に存在し続けるケースがあります。

そういった掲示板を利用する場合、掲示板を利用した人探しがなかなかうまくいきません。

一方、地方自治体や探偵事務所の業界団体が運営するサイトでは、一般的に、サイトの管理作業が適切に行われるケースが多いので、できれば、そういった団体の運営するサイトを利用した方がよい結果がでるでしょう。

サイト上で人探しをするメリット

人探しのメリットとしては、まず、掲示板サイトを利用した人探しは、実際に探偵事務所に依頼して行う人探しよりも、手軽で、料金もほとんどかからないことがあげられます。

人探しのサイトに書き込みをする閲覧者が正直な方で、正確な情報提供が行われた場合には、人探しサイトから得られた情報のみで、人探しが解決する場合もあります。

このケースでは、人探しをほとんど無料で行うことができたことになります。

人探しの掲示板を見て、情報を書き込む者は、匿名でそれを行うことができます。

個人情報流失リスクが注目されるようになっている現在、個人情報の流出を避けることができる匿名の書き込みは、情報提供者である書き込む側に安心感を与えます。

このことは、サイト上で人探しをするメリットの1つに数えられます。

サイト上で人探しをするデメリット

人探しのデメリットとしては、悪戯や冷やかしによる偽の書き込みが行なわれることも稀ではなく、そういった偽情報に振り回されて人探しが大幅に遅れるというリスクがあることがあげられます。

人探しサイトには、当然、依頼者の氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどの個人情報を掲示することになります。

すると、この個人情報が悪用されて、自宅に変な電話がかかってくるようになったとか、頻繁に知らない会社からセールスメールが送られてくるようになった、などという事態が起こりえます。

個人情報の流出がどうしても避けられないということも、サイトを利用した人探しのデメリットになります。

サイトを利用して人探しを行う場合、人探しに誰かが必要な情報を書き込んでくるのを待つことになるわけですが、そのために、人探しは受け身になります。

自分から積極的に人探しを行うわけではないので、解決までに非常に長い時間を要するケースもあります。

サイトを利用した人探しでは、迅速な解決をあまり期待できません。

このこともデメリットになります。

サイトや掲示板でも見つからない場合はどうするか

サイトや掲示板を活用しても、人探しに関する情報が得られない場合には、それ以外の方法によって人探しを行うしかありません。

サイトや掲示板を活用した人探し以外の人探しの方法としては、以下のようなものがあります。

  • 警察に捜索願を出す
  • 探偵事務所に人探しを依頼する
  • 人探しのパンフレットを作成し、配布する
  • 戸籍謄本や住民票(写)を取得する
  • 心当たりのある場所を訪ねる

誘拐など、事件性が疑われる人探しの場合、一刻も早く警察に依頼した方がよいでしょう。

誘拐などの場合は、掲示板に人探し対象者の氏名を公開したりすると、犯人を変に刺激して、殺人事件に発展する場合があります。

このケースでは、自分では人探しを一切行わず、警察の捜査にすべてを任せた方がよいでしょう。

一方、家出や駆落ちなど、事件とは関係のない人探しの場合、警察は積極的には動いてくれません。

この場合には、サイトや掲示板でも見つからないから、警察に捜索願を出し、その後のことについては、警察に丸投げというのでは、その人探しはいつ解決するか分かりません。

この場合には、探偵事務所に依頼するとか、人探しのパンフレットを作成し街頭で配布するとかして、別の方法で、人探しを行わなくてはなりません。

家出や駆落ちなど、事件性のない人探しの場合、人探しを行なっているという事実を非公開にしておく必要はありませんので、その意味では、人探しが行いやすいといえます。

失踪人・家出人をいち早く見つけ出したい方へ
近年、警察に提出された「捜索願」が増加しており、行方不明者は78,668人と発表されています。「捜索願」が出されなかった方の数も含めると、その実数は10万人を超えると言われています。

実は警察に捜索願を届けたとしても、事故や事件性が無い限り積極的には動いてくれません。警察はあくまでも事件捜査をする機関であって、人探し機関ではないのです。しかし「事件になってから動く」では、探したい人の立場からすると手遅れです。

「人探し」は探偵事務所が得意としています。原一探偵事務所では事件になる前に、警察より早く人探し調査を行います。

原一探偵事務所は業界最大手の探偵事務所であり、創業から約40年間、7万件以上の解決実績を持っています。資本、調査員の数・質、相談員の質と共に探偵業界内で長年トップクラスの探偵事務所です。
  • ご相談・お見積りは無料です
  • 24時間・365日対応しています
  • 行方不明になられた方をお探しする間、相談員が親身になって、心のケア、アドバイスにつとめます

▼24時間無料相談ダイヤル
0120-501-897
詳細はこちら無料相談する